​スパイス商人のブログ

  • スパイス商人

昨日はお客さんが来るので焦がしバターチキンを作った。


バターチキンは、アーモンド、バター、生クリームなど高級食材と高級スパイスをたっぷり使ったカレー。そして肉を3時間以上マリネしたり、オーブンで1時間焼いたりして時間もかかるので、そうそう作らない。



焦がしバターチキン

バターチキンと言って、よく想像される、赤みがかかったもったりしたカレーではなく、色は薄めで、ソース自体はサラサラしている。

クローブやシナモンといった深みのあるスパイスに、マイルドな生クリームとバターの香り。そして焦げ目のついたしっかり焼きあがった鶏肉。 間違いなく旨い。


ちなみにバターチキン、またはムルグ・マッカニー(Murgh Makkani)はインドに昔から、というか、インド独立以前からあるカレーではない。1950年代に、デリーのダルヤーガンジにあるレストラン、モーティー・メヘル(Moti Mahal)で偶然できたカレーである。

残ったタンドゥーリーチキンを、同じく残ったそのマリネソースに合わせて、トマト、バター、生クリームを加えてカレーにしたものが最初のバターチキン。 赤いのは、タンドゥーリーチキンのマリネソースに入っていた食紅である。


モーティー・マハルのオフィシャルサイト

http://motimahal.in/ モーティー・マハルの創始者クンダン・ラール・グジュラールはパキスタン側となったパンジャーブ州出身で、地元パンジャーブのタンドゥール料理をペシャーワルで広めて成功していたが、インドとパキスタンの分離独立で、財産も失い、インド側に逃げてきた。 デリーに辿りついた彼は、ダルヤーガンジの一角でタンドゥーリー・チキンやナーンをはじめとするタンドゥール料理を提供し始めた。モーティー・マハルの始まりである。


機会があれば、モーティー・マハルで元祖バターチキンをナーンと一緒にいただいてみるといい。 「デリーに来ておきながらモーティー・マハルで食べないのは、アーグラーに来てタージ・マハルを見ないに等しい」by Molana Azad


今回作ったバターチキンは、オーブンで焼き上げることで、マリネした鶏肉にこんがり焼き目がついて、タンドゥーリーチキン風を再現してくれる。 オーブンに入れる直前に回しかけた生クリームが、焼いている間に浮いてくるバターと鶏の油と合わさって絶妙な味わいに。


焼く前の焦がしバターチキン


ざっくりレシピはこちら。 ① 鶏肉をマリネする。

皮を除いて大きめに切った鶏肉1㎏に、塩、ニンニクショウガペースト大さじ1、レッドチリパウダー小さじ1、クローブとシナモン多めのガラムマサーラ小さじ2、湯剥きして粉砕したアーモンド75g、みじん切りトマト400g、ヨーグルト半カップを混ぜ合わせ、蓋をして3時間以上マリネする。


② フライパン(カラーヒーや中華鍋)で調理する。 フライパンにバター大さじ5を熱し、極薄切りの玉ねぎ大1個をこんがりきつね色になるまで炒め、①を加え合わせて、2分ほど炒め合わせ、刻んだパクチー1カップを加え混ぜて、火を止める。(この間にオーブンを180度で予熱しておく)


③ オーブンで焼く。

オーブンウェアに②を移し替えて、生クリーム60mlを回しかけ、180度で1時間焼き上げる。 できあがり!!


焦がしバターチキンとバースマティーごはん

#バターチキン #スパイス料理 #インド料理 #レシピ #スペシャル料理


  • スパイス商人

最終更新: 2018年7月25日

砂肝のスパイス焼き


今日は地元鎌倉の花火大会なので、おつまみに砂肝のスパイス焼きを。

塩、ターメリック、レッドチリパウダーに15分ほど漬けておいて、フライパンに油を引いて、砂肝を入れてしっかり焼くだけ。


砂肝準備

ビールにぴったり!

簡単かつうまい!


花火の方は、風がなさすぎて煙がもくもくで、なかなか全体が見えなかった。

あとはご想像にお任せしますのチラリズム花火。

見えたときはきれいだった!



#花火 #鎌倉花火大会 #スパイス #砂肝 #ビール